魔法少女コノカ 異種触手・無限煉獄
タイトル魔法少女コノカ 異種触手・無限煉獄
メーカーZION(ザイオン) 公式サイト
発売日2015年06月26日
処女弥乙女(やおとめ) このか (主人公。明るく元気な女の子。幼少の頃から勘が良く、天気やクジがよく当たる。白下着*1。)
弥乙女(やおとめ) ヒカル (このかの姉。妹思いの優しい性格。正義感が強く、自分を顧みない事も。黒髪ロングヘア*2。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細ZION異種姦モノ第二弾。同ブランド既作『JK巫女姫 異種間受胎』の流れを汲む作品。

基本、主人公・このかの視点で展開してゆき、選択肢を誤ると異種姦処女喪失・BADEND直行は『JK巫女姫』と同様。

今作では人間の男が少なからず登場し、バイト仲間だったというヒカルの元カレ・隆貴や、このかの陵辱シチュにおいて、妖魔に操られた痴漢相手の強姦破瓜がある。

出血CG有り。破瓜中出し。

失踪していたコノカの姉・ヒカルの処女は……。一応、ティザーサイトでは“処女”となっている。
但し、単身で妖魔の帝王・マーラに挑み、敗北して囚われていた失踪期間、なにも無かったわけではなく、劇中のテキストで判るのだが、マーラ配下の魔物達にマ●コには手を付けられずに、それ以外を弄られていたとの事。
その理由は、このかの目の前でヒカルの公開処女喪失を企て、絶望させる為であり、失踪から帰還してもヒカリは洗脳状態で、マーラの手中で意のままに操られていた。

前述の苗床終焉において、マーラはヒカルを触手で開脚して吊るし、このかに見せ付ける。

“……きれいな紅鮭色だった。処女というのもなんとなく想像できる”

“だが、アナルは違っていた。何故かだらしなく開いているのだ……”

このか:「(ああ。お姉ちゃん…そこを…。妖魔に…)」
と、妹の眼から見ても分かる位にアナルは弄られていたようである。

ちなみにTRUEルート・ENDでは妖魔に勝利し、犯されない為、このか・ヒカリは処女のままで終わる。

ヒカル:「…魔物に襲われたけれど、私の処女を狙うものがいなかったのよね。マーラに捧げる為に…」
と、身体を弄られただけで無事だったということを語る台詞あり。

処女膜は無事で、アナルや口は犯されているないし、経験済みというシチュに、グッとくる人とガッカリする人がいるのではないだろうか?

*1 変身前の制服姿で穿いている色。
*2 変身前で、髪を後ろで留めている。変身後は青色ポニテ。