タイトルJK巫女姫 異種間受胎
メーカーZION(ザイオン) 公式サイト
発売日2014年06月13日
処女紫園(しその) 美月(みつき)主人公。正義感が強く、文武両道の優等生。伝説の巫女姫の血を引く。黒髪ロングヘア白下着。)
糸部(いとべ) 梨々花(りりか) (美月の親友。おっとりとした愛らしい少女。天然なところがあり、人に流れやすい。膜無し処女。)
※立ち絵無しのモブキャラ。
女の子達 (美月や梨々花と同じ学園の女生徒5人。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細人間の男は一切登場せず、Hシーンは異種姦オンリー。

物語は主人公・美月の視点で展開してゆき、選択肢を誤るとBADEND直行。
様々な妖魔相手に処女喪失するで、美月の破瓜出血シーンは、イメージだけで実際には犯されていないものも含め9種類もある。

妖魔に犯されてしまうモブキャラ・美月と同じ学園の女生徒達も全員処女。
破瓜出血が有るキャラ2人と、妖魔に犯されている最中で、出血が見られない女の子3人も
「・・・私の処女破られちゃった・・・」
「・・・ついさっきまで処女だったのにぃぃぃ・・・」
「・・・処女失って孕んで産んでぇぇ・・・」
と、さっきまで処女であったことを示すセリフあり。
劇中の妖魔は、聖らかな乙女・処女しか狙わないとのこと。

判別に迷ったのが梨々花で、挿入シーンはエンディングの一つ、妖魔の主に憑かれた梨々花を救う為、美月が身代わりで身体を差し出し、入替わりで憑かれしまい意のままにされる終焉にて。

梨々花:「あぁ・・・美月ちゃん・・・処女の・・・血が・・・」
(妖魔主に取り憑かれた)美月:「そういう梨々花は・・・処女じゃないのね。出血していない・・・」
双頭蝕手を挿入時、美月は出血するが、梨々花はすんなり入ってしまう。

物語冒頭で美月は、梨々花が妖魔に拐われた際
「・・・妖魔は聖らかな乙女を求めるから、梨々花が狙われた・・・」
「妖魔はすぐに捕らえた“処女”を殺さないはず」
と考え、
取り憑いていた妖魔主も
「人質である梨々花の処女は、あえて奪わないでおいていた。にも関わらず」
と語っており、2人とも梨々花が処女であることを疑ぐっていなかった。

その後も美月に取り憑りた妖魔主は、双頭蝕手で嬲りながら梨々花に処女喪失した時のことを聞き出す。
美月:「ねえ、梨々花。そろそろ聞きたいわ。処女を無くした時のこと。男の気配は無かったはずだけど・・・」
美月:「梨々花。言いなさい」
美月:「言いなさい!」
梨々花:「・・・今(双頭蝕手で繋がっている)みたいな夢を描いて・・・バイブで・・・」
美月を慕う梨々花は、美月で妄想オナニーしながら、バイブで膜を自損して無くしたことを白状する。

妖魔主は梨々花のことを“処女を無くした”=“非処女”扱いして拘っているが、人間の男とはヤっていないし、ティザーサイトでも処女扱いなので、膜無し処女として“処女”に判別。