タイトル私は私のまま、誰にでも変われる
メーカー匠/友坂ひそか 公式サイト
発売日2008年02月29日
処女夏目(なつめ) ともこ (主人公の幼なじみ。)
五城(ごじょう) 百合花(ゆりか) (退魔業を営む陰陽師。回避可のNTR*1あり。)
非処女瀬名(せな) 玲子(れいこ) (新婚の歴史教師で、主人公達の副担任。経験は旦那とのみ。)
咲河(さくかわ) りふる (大ブレイク中の学生タレント。偽処女*2。)
桃山(ももやま) まり (超巨乳のバスガイド。偽処女*3。)
処女?非処女?伊ノ崎(いのさき) ケイ (非攻略対象。ともこの親友で、主人公の同級生。回避可のNTR*4あり。)
処女率40%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細詳しい事はよく覚えてないんで省略するが、メインヒロインのともこ以外は「三日目」のエロシーンは全てケイとの間接キスによって見た夢であり実際には起きていない。
この時処女及び偽処女には主人公の脳内イメージから破瓜が確認され、このエロシーンの後(4日目終了後)に正式な交際が始まり、
百合花以外とは何度かエッチもするが、主人公は「処女を奪った」と信じ込んでいて(この件に関しては)記憶に破綻が起きていないため、実際には偽処女二人は「交際前から非処女だった」事になる。
百合花は設定上の都合で処女確定。エロシーン自体が偽だが現実である二日目だかで処女であることが明言されている。

*1 バケモノにやられる。
*2 或いは、設定が破綻してるだけ?
*3 或いは、設定が破綻してるだけ?
*4 寝取らせと言うか4P。