令嬢の秘蜜 通常版
タイトル令嬢の秘蜜
メーカーMuscadet(ミュスカデ)
発売日2011年01月28日
処女香柴(かしば) 沙緒里(さおり) (3年生。美柚の姉。年上処女。)
香柴(かしば) 美柚(みゆ) (2年生。クラスメイトで主人公の彼女。)
非処女香柴(かしば) 貴美枝(きみえ) (香柴家の女主人でありエステクラブの女社長。)
杉原(すぎはら) 里緒(りお) (貴美枝の経営するエステクラブの経理担当。)
樋口(ひぐち) 奈々美(ななみ) (貴美枝に教育を受けた私設秘書。)
処女?非処女?
処女率40%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細処女非処女は公式見れば一目で分かるのでいいんだが、中身はと言うと…9000円払って買う価値もない超糞ゲー
まずヒロイン達のボイスがエロシーンにしか無くて拍子抜け(日常会話は文字のみ)
そしてエロシーンはセリフとCGが全く噛み合ってない。
というのも基本的に差分が全くない一枚絵のみなので、射精してないのに既にぶっかけCGだったり、膣出しやぶっかけるセリフがあってもCGは結合時のままで終了する。
セリフも日本人同士なのに「膣外射精…ぷりーず」とか「エロス!」とか言い出してフイタよw
あとシーン回想で致命的なバグがあるんだが、修正パッチでてるかなと思って公式のサポートのリンク押そうと思ったら灰色になってて押せなかったw
開発予算足りて無いのがありありと分かる地雷ゲーでした。