タイトルRUN
メーカーLip2
発売日2003年03月20日
処女ナナ (一緒に旅することになる謎の少女。言葉づかいが古風。白下着。)
久保(くぼ) 芹乃(せりの) (主人公の義妹。ブラコンで、主人公以外の男性は苦手。)
住吉(すみよし) 姫美子(ひみこ) (大酒飲みな巫女さん。姉御肌だけど寂しがり屋。)
江田島(えだしま) 愛唯(うい) (甘味処の看板娘。おっとり天然系。黒髪ロング三つ編み。)
陣内 まな (ナナの秘密を知る少女。)
非処女小野(おの) 琴子(ことこ) (幼なじみの看護婦さん。子供の頃から世話焼き。)
処女?非処女?
処女率83%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細このほかにも女医の「松平かりん」や「主人公の養母」とかいますが、間違いなく非処女だろうし、Hなしの脇役なので省略。
出血CGがあるのは姫美子だけですが、それぞれしっかりした破瓜描写があります。

琴子は先の報告に上がっている通り、寝取られることがあります。
でも、その行動や非処女という設定にも意味があったので納得しました。


以下感想
実は琴子について何の前情報も持たずにやったんですよ。
プレイ中、もう処女確定のつもりでやってたら、初めてじゃないわ、寝取られはあるわ…。主人公が初恋で、今も好きで、数週間主人公と同居してるのにH無し、とエロゲの処女要素は揃ってたと思うけど。
寝取られについては、主人公の目の前で、病院の医者に同意の上で挿入されます。そこでよがりまくる琴子を見て「初めてじゃなかったんだ」と言って主人公が激しく落ち込むとこは、寝取られスレ、非処女スレ住人の方にはフィットしてるかと。
処女スレ住人として良かったのは姫美子ですね。これは非処女確定のつもりでやっていました。で、主人公が旅に出る、というのを「何でもするから」みたいな感じで止めるんですが、主人公は体で止めるなんてヤメロ、みたいなこと言うんですよ。(この主人公にも何度も頭にきますた)
で、次の姫美子の一言。「そんなことない、私は処女よ」琴子の後だったんで、喜びも倍増。

いや〜、この二人だけ(ていうか、琴子⇒姫美子の逆転劇)で、買った下位ありました。ゲームとしては別に見るとこないけど、別の意味で記憶に残る作品になりそうです。