タイトル闇姫煉辱 〜終わらない正欺の鉄槌〜
メーカーNEGALION 公式サイト
発売日パッケージ版:2012年10月12日
ダウンロード版:2012年10月26日
処女ミヅチ (主人公。悪の秘密結社の大幹部の一人にして、首領の一人娘。誇り高く冷徹怜悧。黒下着。)
道成寺(どうじょうじ) 清姫(さき)/セイギブルー (元気いっぱいのボクっ娘。正義感が強く、困った人を見過ごせない。)
非処女ナーガラージャ (秘密結社の大幹部の一人。組織きってのマッドサイエンティスト。挿入時の出血無し。)
処女?非処女?立ち絵無しのモブキャラ
セイギピンク (正義の戦隊・セイギマンのピンク。男性との絡みや挿入無しだが、おそらく非。)
処女率67%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGあり。
ミヅチはナーガラージャの策略で、セイギマンに囚われの身となり、尋問をセイギレッド(男)orセイギピンク(女)で行うかの選択枝で、喪失シーンは2種類。
レッドを選ぶと、尻を突き出した状態にされて、スパンキングの拷問で叩かれてミズチが濡れてきた処を、レッドが後ろから挿入で破瓜。
ピンクを選ぶと、責めで朦朧としたミヅチの汗を流すと称し大浴場に連れ込み、身体を洗いながら優しく嬲ってミズチが緩んだ処を、バイブを突っ込み破瓜。こんな事を平然と行う女が、処女であるはずが無なかろうかと・・・。

セイギブルーこと清姫は、ミヅチと交換するかのように敵組織に捕まり、ナーガラージャに拘束されて快楽or苦痛責めの選択枝で、2種類の喪失シーン。
快楽責めでは、処女のまま膣内に怪人の生殖用卵子を送り込まれ、出産で反対側から処女膜を破られるという、珍しい破瓜(破瓜済みver.もあり)シチュ。
苦痛責めでは、全裸で吊るされて媚薬入り浣腸の後、ブルー愛用の高周波ブレードを突っ込まれて破瓜。ブレードの高周波で絶頂しながら排泄。

ナーガラージャは自らが使役していた蛇の群れに、ミヅチの逆襲で襲われて束になった蛇が突っ込んだ際、痛がりや出血は無し。

全般的に拘束シチュが多く、特にミズチの白い肌と未成熟な肢体が、全裸で拘束拷問に晒されるのが個人的にツボだったのだが、貧乳ロリ体型が受付けない、拷問されるのが惨たらしく思える方は回避かと。