瞼閉じればそこに
タイトル瞼閉じればそこに・・・・
メーカーLaksmi − ラクシュミー*1
発売日2004年05月28日
処女小田(おだ) 端音(はしね) (盲目少女。)
香椎(かしい) 萌樹(もえぎ) (穂波の妹。巨乳幼馴染。)
間宮(まみや) (りん) (主人公のバイト先の女の子。ロリ。)
名前忘れたけど、エロゲの中の端音そっくりなヒロイン (巫女さん。)
非処女香椎(かしい) 穂波(ほなみ) (大学の助教授で萌樹の姉。29歳。)
処女?非処女?
処女率80%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細端音と凛とエロゲ端音にだけ出血CGあり
出血描写、破瓜描写は結構細かく描写してます
後、主人公DQNなくせに妊娠を恐れていて、全Hシーン中、萌樹との2回目のHでしか中に出しません他は全部外出し

香椎萌樹には回避不可能のレイプあり
萌樹との2回目のHで散々レイプされて中に出させまくったと本人が言っております・・・

香椎穂波の非の理由は特に無い様子
29歳だから普通に経験ありってところなんだろう・・・主人公曰く思ったほど緩くはないそうで
更に穂波とのHは一回だけだが、主人公が切れてレイプします
でもしっかり外に出して、今度は無理やりアナルに挿入、そっちはしっかり中に出します
でもエンドは普通にハッピーそうです(エンドCG見る限り)

エロテキストも決して悪くないし、回数少ないけど一回のHシーンでCG4枚くらい使ったりとそれなりに実用的ではあるし破瓜描写も悪くないんだけどシステム周りがイマイチだし、何よりボイスなしなので物足りないです


※以下の書きこみあり
レイープのシーンは回想に登録されない
だけどばっちり複数の男に羽交い絞めにされて挿入されてレイープされてるCGはある
なにぶん、フル化しただけだから細かいところはわからない
せめてパッチでエフェクトスキップできるようにならないと、テンポ悪すぎて進められねぇ・・・

萌樹のHは、一回目は大学の教室内で主人公とHして破瓜
2回目のHはレイープされてショックの萌樹を立ち直らせるために、主人公とH
だから、一回目と二回目のの間にレイープ事件が起こったものと思われる

しかし、そんな展開が起こるようなストーリーには見えないんだよな
DQNな主人公が毎朝萌樹に叩き起こされて大学通って、盲目女と知り合って、平々凡々と過ごすだけって内容だし・・・

*1 公式サイト消失