タイトルまこと先生の受難
メーカーやまガラス カラスのおうち
発売日2010年07月22日
処女(ひいらぎ) まこと (英語教師。交通事故に逢い、一命は取留めたものの女に性転換された主人公黒下着。)
(ひいらぎ) 由愛(ゆめ) (学園きっての才女にして生徒会会長。主人公の義妹*1、超がつくほどのお兄ちゃん子。)
非処女一之瀬(いちのせ) (はるか) (学園の美人保健医。未亡人で一児の母。主人公の最愛の人。)
処女?非処女?以下、Hシーン無しのサブキャラ
高城(たかぎ) (れい) (主人公の勤める学園の若き女性校長。怜悧で現実的な性格。)
処女率67%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細タイトルや雰囲気から性転換コメディー物を思わせるが、凌辱輪姦モノなのでご注意の事。
女体化に慣れない主人公の前半コメディ展開から、後半打って変わって凌辱展開となる。

選択枝により生徒編、不良編、痴漢編の3ルート*2への突入となり、破瓜シーンはルートの展開にて変化する。
性転換された主人公に処女膜あり。出血CGありの破瓜中出し。

生徒編では、保健体育の授業として女体について教えて欲しいと宣い、生きた教材と称して生徒達による輪姦破瓜。

不良編では、不良達から遥の息子を助ける為にストリップを強いられ、それをカメラに撮られて脅迫。
保健室へ呼び出されて遥の居るカーテン越しに不良のリーダ格による強姦処女喪失。

痴漢編では、痴漢の仲間のペテン師による催眠術に掛かり、主人公が女言葉を話すようにされて、バイブ処女喪失の後、そのままアナル挿入され、肛内中出しを受けるなど。

由愛の破瓜シーンは、ENDロール後を飛ばさずに待つと現れるエピローグ内でとなり、生徒編と痴漢編で、いずれも強姦破瓜中出し。

*1 「・・・おじさん達の代わりに・・・」との台詞から、従妹で主人公の親が由愛を引き取っている模様。
*2 セーブデータの記述より