星織ユメミライ【Amazon.co.jpオリジナルイラストカード付き】
タイトル星織ユメミライ
メーカーtone work’s 公式サイト
発売日2014年07月25日
処女逢坂(おうさか) そら (1年生。たった一人の天文部員。感情をあまり表に出さない。星を見ている時間が何よりも幸せ。白下着。)
篠崎(しのざき) 真里花(まりか) (2年生。幼馴染み。昔、病弱だった為「元気になって再会する」約束を主人公と交わしていた。)
瀬川(せがわ) 夏希(なつき) (2年生。卒業アルバム制作委員のクラスメイト。思い出を撮る為、カメラを手に校舎を走り回る。)
沖原(おきはら) 美砂(みさ) (3年生。天真爛漫なお嬢様。海や自然をこよなく愛する。ただ一人の自然科学部部員。年上処女。)
鳴沢(なるさわ) 律佳(りっか) (2年生。隣の席の女の子。放課後、いつも一人でピアノを弾いている。黒髪ロングヘア黒下着。)
雪村(ゆきむら) 透子(とうこ) (2年生。主人公と近い時期にやってきた、もう一人の転入生。気まぐれで、掴み所のない女の子。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細当然の全処女。
出血CG有りで、美砂先輩のがモザイク下で判りづらい程度。
その美砂先輩の『ひょっとこフェラ』描写が賛否両論で話題になっていたが、俺が思う一番の問題点は・・・。

主人公:「そうだ・・・コンドーム・・・」
と、初Hシーンは避妊の為、コンドーム着用の挿入破瓜、膣内ゴム中出し・・・ここにきてゴム破瓜かよっ!!と、嘆いたが、
律佳:「ふふっ・・・嬉しい。妊娠しないようにって、ちゃんと私のことを考えてくれてるってことでしょ?」
美砂:「思っていたよりも薄いんですね。これなら直接するのと、ほとんど変わらないと思います」
ヒロイン達も主人公の気遣いに好意を示し、ゴムの装着を手伝おうとしたりで、拒む事は無し。

リアルな描写を追求した為ゆえか、破瓜中出しが当たり前となっている今時のエロゲーでは、逆に珍しいシチュなのだが、ピンクや緑色のゴムに包まれた棒がヒロインに刺ささっている描写は、とても違和感で・・・。

作品はキャラデザ・グラフィック・シナリオ・音楽と、どれも高評価の良作と謳われていたが、破瓜中出しこそが至高の愛と信じる俺にとって、コンドーム破瓜は大減点の有罪!!