タイトルぼくの巫女は、小さな恋妹〜寵愛〜
メーカー覇王 公式サイト
処女北山(きたやま) 紫音(しおん) (義姉の妹:痛がり、出血描写。外出し中出しの選択肢あるんだけど差分がない。なんで?)
神子柴(みこしば) (あおい) (婚約者:痛がり、出血描写、中出し、出血CG。ただし↓)
非処女藤吉(ふじよし) 香里(かおり) (メイド:普通に非。)
織笠(おりかさ) 朋夜(ともよ) (女医:普通に非。不倫経験有り。)
神無月(かんなづき) 桐子(きりこ) (義姉:順当に初めては兄でしょう。)
処女?非処女?三ノ宮(さんのみや) (みどり) (紫音の先輩:経験有りと自己申告するんだけど、どうも主人公にエッチを迫るための嘘っぽい。挿入がないので不明。もしかして見逃してるイベントあるかも。)
処女率40%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細*神子柴葵は専用ルートだと最初のクリスマスに上の通り結ばれるんだけど、それ以外のルートだと次の年の10月に儀式で初めて交わる際に破瓜描写なくてアレ?
後に紫音が巫女修業する時、指入れられたり男根の形した木型をぶっ刺される描写があって、葵もこの時までに同じ修業受けてるはずなんで、まあたぶん。男性経験はないはず。

まあこのゲーム、処女的にも独占的にもかなり微妙。