景(ひかり)の海のアペイリア【Amazon.co.jpオリジナル特典:描き下ろしマイクロファイバークロス(A4サイズ)付き】
タイトル景(ひかり)の海のアペイリア
メーカーシルキーズプラス DOLCE 公式サイト
発売日2017年07月28日
処女アペイリア(Apeiria) (主人公が開発した自我を持つ人工知能。デジタルの存在で、PC越しにしか会話が出来なかったのだが…。)
桐島(きりしま) 三羽(みう) (2年生*1。主人公の父親の再婚で出来た義理の妹。真面目だが口が悪い。実は寂しがり屋。)
(ひがし) ましろ (1年生。主人公の後輩。AI研究会のオンライン部員で、ゲームも自作する。黒下着ボクっ娘。)
(にのまえ) 久遠(くおん) (3年生。主人公の幼馴染。AI研究会の幽霊部員。主人公を子供扱いして甘やかす。年上処女。)
非処女
処女?非処女?※以下サブキャラ。現実世界での挿入シーン無し。本物も白状により、ほぼ処女は確定的。
竜宮(りゅうぐう) 沙羅(さら) (『セカンド*2』で出会うプレーヤー。『研究所』というギルドに恨みを抱いている。)
正円(しょうえん) 七海(ななみ) (『セカンド』で出会うプレーヤー。お人好しで柔和な性格。総合病院の看護師。)
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細流行りのVRMMOモノにタイムリープの要素が加わった作品。しかしながら評価サイトを覘いてみると、割と評価が高かった。

ヒロイン達の最初に観られるHシーンは仮想現実内であり、チート行為を発動させる為に主人公とHをしてイくのが必要との事で、なし崩しにシてしまう。
その時、特に初めてであることの発言も無く、血も出ない。
そのHシーンが学園の制服姿(仮想現実内)であったり前述のタイムリープなどで混乱と誤解をしてしまう。

メインヒロインの生身での初Hは個別ルートが確立してからで、出血CG有りの破瓜中出し。
ネタばれなので、ここでは書けませんが、アペイリアの処女喪失は仮想現実の中では無いことを付け加えて…。

*1 主人公と同学年。
*2 完全没入型VRMMO*3の名称と、作中でのアバターの呼称。
*3 Virtual Reality・Massively Multiplayer Online=仮想現実・大規模多人数オンライン