発情スイッチ~美姉妹が催眠術に堕ちた先~
タイトル発情スイッチ 〜美姉妹が催眠術に堕ちた先〜
メーカーLamia 公式サイト
発売日2014年12月19日
処女桐原(きりはら) (めぐむ) (生真面目な性格で意地っ張り。本来は弱気で無理をしている。亡父は主人公の師。黒髪ロングヘア。)
桐原(きりはら) さき (萌の妹。天真爛漫で、明るい性格。父を亡くして沈みがちな姉を、励まし頑張っている。黒下着。)
剛司(ごうじ) 咲良(さくら) (学園の保険医。面倒見の良い姉御肌タイプ。主人公の同僚*1で、桐原教授の「遺産」を狙う。黒下着。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CG有り。破瓜中出し・外出し選択可。コンフィグで射精箇所の固定も可能。

咲良は、ナリからしてダメかと思っていたら、レズっ気がある為、処女という属性。
『エロゲーにおける女医と養護教論は非』の定説を覆したのだが、萌ルートにおいて、姉妹の父親・桐原教授の残した「遺産」をめぐり、それを狙う理事長に自●を装い●害されてしまうので、そのような展開が苦手な人へ注意喚起。

処女は主人公が奪うのだが、凌辱モノなので学園の生徒に催眠をかけ、輪姦に晒す展開あり。
ルートの種類は以下の3通り。


萌ルート:萌の破瓜→萌の催眠輪姦×2→咲良の破瓜→咲良、自●を装い●害される→理事長への復讐、萌とラブラブHEND

さきルート:さきの破瓜→さきの催眠輪姦→萌の破瓜→咲良の破瓜→復讐は叶わず、理事長からの手切れ金の別荘で姉妹丼END

ハーレムルート:さきの破瓜→咲良の破瓜→咲良の催眠輪姦→萌の破瓜→理事長への復讐、教授の遺産で学園を支配しハーレムEND


萌ルートENDの様に、処女を奪っておきながらヒロインを輪姦に晒した挙句、最後はラブラブという展開を、後味が悪く感じるのは俺だけなのか・・・。

姉妹の輪姦を見たくなければハーレムルートで、咲良の輪姦、●害されるのを回避ならば、さきルートかと。

*1 主人公が、かつて勤務していた病院で、桐原教授の下に先任していた。教授の死後、退職したが、教授の研究仲間であった理事長に学園に誘われ、また一緒になった。