タイトル白濁姉妹 〜生意気なあの娘の顔にぶっかけろ!〜
メーカー濡汁 公式サイト
発売日2013年12月20日
処女香坂(こうさか) (あや)主人公。大人しい甘えん坊。何でも出来る1歳年上の姉・舞を尊敬し、とても信頼している。)
香坂(こうさか) (まい) (彩の姉で学生会の会長。クールだが面倒見が良い。妹の彩を溺愛している。黒髪ロングヘア。)
神崎(かんざき) 美優(みゆう) (彩のクラスメイトで親友。学生会の副会長。行動力のある、はっきりとした性格のお嬢様。)
宗谷(そうや) 莉緒(りお) (学園の保健医と、男子バスケット部の寮母を兼任している新米教師黒下着年上処女*1。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CG有りの破瓜中出し。
凌辱モノなので当然の如く、Hシーンの殆どをが輪姦いずれも強姦破瓜。

主人公・彩がメインの本編ルートクリアー後、再スタートで、舞視点ルートが現れ。
全クリアー後、彩と幼馴染み・悠斗が恋人同士になりNTRれる、彩&悠斗ルートが解放される。

彩には上記の3つのルートで破瓜シーン有り。
莉緒先生は、本編2周目の選択肢、舞と美優は、舞視点ルートの選択肢で処女喪失。
サブキャラの舞、美優や莉緒先生においても、選択肢で個別エンデイングに行き着く仕様となっている。

ここのブランド作品の恒例で、今回は主人公の姉・舞が黒幕なのだが、タイトルにある〜生意気〜云々は、彩に好きな人が出来て生意気という訳では無く、主人公は男性では無いので、やや看板に偽りありだと思う。
彩と美優に輪姦を仕向た理由は『好きな人が出来た事を、本人から相談をしてくれるのを待っていたのに、私ではなく親友に話し、私より親友を選んだ』
『その親友も、可愛がっていた私に対して隠し事をしていることを後ろめたく感じている』事に怒り、愛憎と嫉妬で、可愛がっていた2人に粛清で輪姦を企てたという物。
ちなみに共犯者で輪姦の手筈をした人間は、彩のことが好きだった、悠斗の弟・隼人。

*1 処女喪失相手が学生にて。