売淫令嬢~周防院櫻子の罪穢~
タイトル売淫令嬢 〜周防院櫻子の罪穢〜
メーカーアイル【チーム・SOIF】 公式サイト
発売日2013年04月26日
処女周芳院(すおういん) 櫻子(さくらこ)主人公。名家の令嬢。才色兼備で、馬術の大会では優勝を収める程の腕前。。黒髪ロングヘア白下着。)
非処女(ひいらぎ) 真由香(まゆか) (櫻子の後輩。入学中に実家が破産。 家族に見放される形で売春クラブに身を堕とす。)
処女?非処女?
処女率50%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細名家・周芳院家の令嬢・櫻子は父親の会社の経営破綻、実家の経済状況が悪化し、没落の危機に陥る。
実家への融資を条件に、学園の理事長が運営する会員制高級売春クラブに勧誘され身を堕とす。人身売買オークションの商品として出品され、破格の値段で落札される(ストーリー紹介より)。
落札後は通常、個室で売春を行うのだが、櫻子の落札者が“落札の昂りと悦びを、皆様と可能な限り共有したい”と宣い、他の客達の前で公開処女喪失となる。ちなみに、売春はこの一度のみで、失った膜は、後ほど処女膜再生手術で元に戻す約束であった。
出血CGありの破瓜中出し。
ストーリー紹介でも書いてある通り、その破瓜中出しで、早々に妊娠してしまうという珍しいパターンなのだが、その妊娠も理事長に策略*1されたものであり、ルート展開によっては、櫻子に破瓜中出しした落札者は用意された無精子症の男で、お腹の子の父親は、実は・・・・の展開もあり。

真由香は物語開始時より売春クラブに入れられており、その様子を櫻子は映像で見せられていて、既に非処女。

*1 膣内洗浄と緊急避妊薬を施したとしたが、全て偽り。