タイトルバルドバレット
メーカー戯画 公式サイト
発売日2000年10月27日
処女レベッカ・プルシエンコ(元気の良いポニーテール娘)
ユ・ヨンハ(見た目ボーイッシュな整備長?)
テレジア・アニシナ(ょぅ?゛ょ、その正体は・・・)
非処女フェイ・マリニナ(脳とアソコ以外は機械のサイバーお姉さん)
ナツメ・アソウ(眼鏡っ娘その1、セクース好き)
カーナ・アビトボル(無口、無表情な敵エースパイロット)
レナ・ブッティリスカヤ(基地の隊長、過去にレイプ経験有り)
ソーティア・ウィンディ(眼鏡っ娘その2、内気で男と付き合ったことが無さそうなのにハイレベルで開発済み・・・)
ローザ・オブライエン(基地の尼さん兼娼婦)
処女?非処女?シャオ・マリー・マクナマラ
ヘナ・プラカシュ
セレナ・ジェルディ
(管理人兼事務屋の三人娘、Hシーンが無いので処女・非処女は不明、シャオとセレナがヘナをいぢめてるCGがあるが、残念ながらまだそのシーンを見ていない)
ユウハ・テーゼラック(看護婦さん)
処女率23%
その他
情報提供者796
詳細どうでもいいけどこのゲーム、処女度(笑)が低いキャラほど萌え度も低い傾向にあるような・・・。
フェイあたりはまだいいとして、カーナは綾波の出来損ないみたいなキャラだし、眼鏡っ娘ズは外見からしてヤボ、萌えの欠片も無いです。
まあ、処女キャラも取り立てて萌えるという程ではありませんが(笑)
このゲーム、アクションの部分の出来はすこぶるいいです。