タイトルにゃんカフェマキアート 〜猫がいるカフェのえっち事情〜
メーカーSkyFish poco SkyFish official web site
発売日パッケージ版:2013年08月30日
ダウンロード版:2013年09月27日
処女猫杜(ねこもり) 美華(みけ) (世話好きで面倒見も良く、クラスの女子からも人望が厚い女の子。ツンデレデレ。)
猫屋敷(ねこやしき) ぺるしゃ (演劇部のエースで学園理事の令嬢。お淑やかだけど、ちょっとイタズラ好き。黒下着。)
猫川(ねこかわ) あめり/白ちゃん*1 (内気で儚いロリっ娘。黒髪ロングヘア黒下着。/あめりの別人格で超天才少女。)
猫屋敷(ねこやしき) 虎寅(ことら) (ぺるしゃの姉。若くして学園の教頭に就任した才媛。黒下着年上処女。)
非処女猫杜(ねこもり) 美衣也(みいや) (美華の母親。大女優だが、演技以外のことは極めて無頓着。家事もまったくダメ。)
処女?非処女?
処女率80%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CG有りの破瓜中出し。

メインヒロイン三人は最初から主人公に好意を持っていて、主人公がマスター代理を務める猫カフェへアルバイトで押しかけ、その夜に美華は主人公宅に夜這いをかけるが、ぺるしゃとあめりに鉢合わせてしまう。主人公は三人から同時に告白を受け、一人だけを選んで他の二人を傷付けたくないあまりに「三人と付き合いたいっ!」と答えてしまい、美華、あめり、ぺるしゃの順に、立て続けで処女喪失。

序盤でメインヒロインが処女喪失を済ませ、そこから個別への選択肢になるのだが、個人的にはそこが気になる点で、本人ルート以外ではヤリ捨て処女になってしまうし、個別ルート中でも他のヒロインが割と絡んでくる。個別ENDはあるのだが、もともとハーレム系と称しているので、オンリープレイ派にはちょっと辛いゲームだと思う。

美華ルートで美衣也、ぺるしゃルートで虎寅の分岐ルートが有り、虎寅にもルートEND、破瓜描写があるのが嬉しい。主人公と虎寅の年齢差は、劇中はっきりしないが、虎寅は教頭先生なので、実際の教頭は職務経験がいるの点において年上処女と判別。

あめり、ぺるしゃ、虎寅が黒下着着用で黒下着処女率は高いのだが、美華の母親・美衣也がHシーンで絡んできて、ルートENDまであるので、処女率100%には成らず。サイトTOPの“購入推奨処女ゲーム”入りを逃しているのが惜しい。

*1 あめりの別人格の愛称。