タイトル天魔少女レナ -発情魔法の星紋陣(アストラルチャーム)-
メーカーXiguratt Works 公式サイト
発売日2015年07月31日
処女天崎(てんざき) レナ (代々『鬼の神通力』を継承する名士の家系・天崎家の長女。次期当主で主人公の義妹*1。)
(おぼろ) (天崎家の遠い祖先に神通力を授けた鬼神。神通力の回収の為、レナの命を狙う。白ふんどし年上処女*2。)
天崎(てんざき) 千鶴(ちづる) (レナの従姉で神通力を持つ。同じ力に目覚めたレナに戦い方を教えていく。黒下着年上処女。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGあり。破瓜中出し。

千鶴の破瓜シチュにおいて、レナが神通力に目覚めた後の初陣で妖魔から瘴気を喰らい、封印されていた発情系の鬼の呪いの症状が現れてしまう。
呪いの症状を抑えるにはレナとのHが必要なのだが、義妹とはいえ妹に手を出すまいと躊躇する主人公に「じゃあ……わたしが相手だったら?」と裸となって「これでも、興奮しない?」と千鶴が誘い、遂には後背位*3を魅せられて主人公は耐えられなくなり、済し崩しに挿入して処女喪失。
ゲーム1周目は外出し。「もう……なんで外に出しちゃうのかしら、篤くん(主人公)ったら……」や「レナちゃんには、ちゃんと中に出してあげるのよ」の中出し推奨発言あり。
ゲームクリアー後の2週目ではシチュが変化して、破瓜一発目の外出し後、千鶴が子宮が疼くと強請って二発目は中出し。

レナの立ち絵などで覗えるパンイチ姿の赤い腰紐の白いパンツは、自身の神通力で構築したバトルドレスという戦闘装束と呼ばれる衣装の一部で、いわゆる見せパン。ゆえに白下着処女ではなく、下着姿*4は別に存在する。
前述の千鶴の仕向けで主人公はレナを癒す為に夜這いをかけるが、逆に、発情しているレナに主人公が押し倒され下着姿のままパンティをずらして挿入、騎乗位破瓜。

鬼神の朧には2種類の破瓜CGあり。Hなお仕置きで破瓜挿入or見逃すかの選択肢が二回あり、一回目の選択肢を見送っても二回目で処女喪失させることができる。又、二回目も見送ることができるが、当然、朧とのHシーンは無くなる。

作品は『主人公完全独占要素』をアピールしている。
『レズ、エッチな玩具なし。もちろん主人公以外の男との絡み無し』『登場する男性は主人公だけ』『もちろん、主人公がヒロイン全て自分のモノに出来るハーレムエンドも完備』と処独スレで言われている要素に気を使っているのだが、いかんせん低価格*5につき、レナメインで千鶴・朧は単体Hシーンは2種類しかないので物足りなさを感じる……。

*1 主人公が天崎家に養子として迎えられた為。
*2 齢、1000歳を超えるとの事。
*3 ttp://www.xiguratt-works.jp/tenma/cg01.html
*4 ttp://www.xiguratt-works.jp/tenma/chara01-2.html
*5 税抜き定価:¥3,000