タイトルているらんぷ
メーカーGAIA
発売日2004年11月26日
処女鈴 (処女だがレイプ願望があり主人公を相手に処女を捨てた。捧げたのではない。)
非処女清香 (メインヒロイン、爽やかが売りなのにヤリマン)
由美
処女?非処女?
処女率33%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細シナリオ担当によるあり難いお言葉(笑)
最近、ヒロインが処女じゃないとわめき散ら(略す輩がいるようだ。
それだけで、クソゲー呼ばわりする者たちが後を絶たない。
どんなに素晴らしい物語を書いたところで、処女以外は認めない。
そんな風潮が広がっているのが、僕には理解できない。
ヒロインが非処女で何か問題があるのかい?
処女じゃないと恋愛する資格はないのかい?
君も彼女も、数々の経験を、運命を経て、こうやって出逢ったんじゃないか。
確かに、初めての相手が君だったら、どんなに嬉しいことだろう。
でも、必ずしも初体験がいい想い出だとは限らないんだよ。
もし素晴らしいものだったら、今、こうやって君と出会ってないんじゃないか?
彼女の過去、現在、そして未来まで。
全てを受け止めてこそ、真の男じゃないかと、僕は思う。
だから、僕は赤木鈴という女の子を通じて、
処女は決して特別なものじゃないって、皆に教えてあげたくて、この物語(テイル)を作った。
この僕の作品を手に取った皆に、感じて欲しい。
処女が特別なんじゃない。
君の目の前にいる女の子こそが、特別
な存在なんだってことに。