ツゴウノイイアイドル【Amazon.co.jpオリジナル特典:イラストカード付き】
タイトルツゴウノイイアイドル
メーカーD:drive. C:driveオフィシャルWebサイト
発売日2015年04月24日
処女斎藤(さいとう) 美穂(みほ) (2年生。事務所社長の前妻の連れ子という日陰者の境遇からアイドルを目指す。黒髪ロングヘア。)
南野(みなみの) 今日子(きょうこ) (3年生。清純派巨乳グラビアアイドル。3人の中では一番のしっかり者。ユニットのまとめ役。)
浅香(あさか) 明菜(あきな) (1年生。小悪魔系声優アイドル。天才子役であったが、現在は声優業。黒髪ロングツインテール。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細見た目『ラブラ●ブ!』で、更にヒロイン達の名前に80年代アイドルの姓名を散りばめているのは、何かヤバくはないのか?

出血CG有り。破瓜中出し。

やさぐれプロデューサー主人公が、ヒロイン達にアイドルデビューの覚悟の示しで身体を差し出させ、芸能界の汚い部分を教え込むとして処女を奪う。
処女を奪われてもヒロイン達は、それはプロデューサーの思いやりの様に捉え、悔やんだりすることは無し。

三つの選択肢から個別ルートに分岐、冒頭で処女喪失するのだが、個別ルートに入ってからも他の2人がHシーンに絡んでくる。

その際、他の2人の処女は、美穂ルートでは、明菜と今日子が主人公と美穂との関係を疑い、それぞれ詰め寄る場面で
(主人公の事務所の寝室で)明菜:「飛鳥(主人公)、美穂とヤッてるんでしょ」

(事務所ビルの屋上で)今日子:「は、放して下さい」
          主人公:「バレたからにはそうはいかない。それに、1人だけ仲間はずれは良くないだろう?」
          今日子:「っ……!?」
の各セリフ直後にアイキャッチが入り、場面無しだが明菜は抱かれ、今日子は犯されて処女喪失したと想像が付く演出がある。

今日子ルートでは明菜に破瓜出血が有り、美穂はクンニのみで挿入シーン無し。
明菜ルートでは、既に美穂と今日子は主人公と関係済みの様で、挿入時出血無し。この差は3人いるシナリオライターによるモノなのか?


作品は個別ルート中盤の選択肢でヒロイン達との純愛を楽しめるピュアルートと、思うがままに支配しHしまくるダークルートに分かれる。
ダークルートは巷のアイドル凌辱モノのように観客に痴態を晒したり、枕営業で他の男に抱かせたりする展開では無く、主人公の芸能界での出世欲や鬱屈した感情をヒロインとのHに委ねる具合なので、酷い展開にはならない。