タイトルダンジョンクルセイダーズ2〜永劫の楽土〜
メーカーアトリエかぐや TEAM HEARTBEAT アトリエかぐや OFFICIAL WEBSITE
発売日2008年12月19日
処女エンデ (天才女騎士。)
カバネ・ユエン・ホムラ (東方の帝国・ホムラの第四皇女。黒髪ロングツインテール。)
グリシーヌ・ルフトハウゼル (古代魔導国家マギウスの名家・ルフトハウゼル家の一人娘。)
レジーナ・ノギア (グラキエスト警備隊の見習い少女。)
ナーダ (謎の少女。)
非処女ミリア・サルディン (子持ち人妻。百戦錬磨らしい。四人の息子がいて、近親相姦もしてたっぽい?)
ロゼ (淫乱。強い男に抱かれるのが好きらしい。)
シルヴィア・ヴェスパー (MWAから登場。当然ながら非。)
カルディア (意味無し。)
ミズチ (何人もの男の精を吸って糧としてきた。)
ネイル (双子の姉。ブラコンで弟と近親相姦。主人公によってアナル破瓜。)
ルーファン (自称「魔界のプリンセス」の淫魔?。百戦錬磨。)
処女?非処女?
処女率42%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細処女組は全員出血CG差分あり・男の影は欠片も出てこない。


※以下の書き込みあり
757 :名無したちの午後:2008/12/26(金) 18:52:49 ID:nEu2tNdA0
とりあえずクリアしたので報告
処女率に関しては…かぐやにしてはまあ、頑張った方かもしれない
処女キャラには全員出血CG&破瓜→中出しのコンボあり
前回あった陵辱要素は一切無いが、ミリアの記憶で五人の子供(四人の息子+妄想で子供化した主人公)と乱交する回想枠あり
ゲーム自体は一本道個別ED無しのマゾゲーだった(それでも前作よりはマシなレベル)
中身の薄いシナリオをやたらと広いダンジョンでボリュームの上げ底したような感じ
個人的感想を述べると、処女キャラは全員良処女だったと思う
非は殆どビッチキャラで、処女組との対比が凄い

※注意点
中盤に出てくるシルヴィアはMWAのメインヒロインと同一人物。同作主人公ツカサも相方として登場。
淫魔の館というところで300万払うと、アリオンがシルヴィアと恋人同士という妄想設定でセックスする
物語の舞台は「人の夢が一時的に現実のものとなったりする」特殊な場所で、
淫魔?ルーファンが、主人公の「シルヴィアと恋人になってセックスしたい」という願いを実現させる
要はシルヴィアとのHは「一時的に現実のものとなった妄想」であり「やがて霧散して消える現実」でもある
(つまり、精神世界ではなく肉体レベルでのつながりがあった、ということになる)
しかし時間が経てば、シルヴィアの「主人公のチンポが通過して何発も中出しされた」身体も記憶も完全にリセットされる
が、主人公の記憶はルーファンの力によって残ってるっぽい(もしかすると肉体の方も)
シルヴィアの恋人であるツカサから見ればNTR、といっても回避は普通に可能


761 :名無したちの午後:2008/12/26(金) 20:50:44 ID:QZiWORlC0
カバネって本番以外は御達者じゃないの?

764 :名無したちの午後:2008/12/26(金) 22:18:40 ID:nEu2tNdA0
>>761
カバネ他ホムラの一族は食糧は人間の魂
でもホムラ一族は人間と共存する事を望んでるから、
生きた人間の魂ではなく死んだ人間の魂を浄化してそれを食べている
ただ、人間と交わる事でも魂を吸う(食べる)ことができる
実際、カバネの姉ミズチは生きた人間の魂を何人も吸い尽くして殺している
カバネは執政官としてホムラの皇宮にずっといたっぽいから浄化された魂しか食ってない
で、外界に出て飢餓寸前だったんだけど、主人公が「俺の魂を齧らせてやる」と言って初H
その後初めての精液の味に病み付きになったカバネに主人公は半分食糧化
反面「お腹が空いたから〜」というのを建前にして主人公にいちゃいちゃを要求してきたり結構可愛いキャラだったよ
EDでも真っ先に主人公に付いていくキャラの一人だし、完全に白だと思う