閃光戦士 シルバー・ジャスティス!  ~女幹部と恋愛をするのは間違っているのだろうか?~【Amazon.co.jpオリジナル特典:ドラマCD付き】
タイトル閃光戦士シルバー・ジャスティス! 〜女幹部と恋愛をするのは間違っているのだろうか?〜
メーカーXXX(トリプルエックス) 公式サイト
発売日2015年10月30日
処女天野(あまの) 朱音(あやね)/ジェネラル・スカーレット
(主人公とは幼なじみで、友人以上恋人未満の関係。その正体は、悪の組織『ネオ・ファントム』の女幹部。)
天野(あまの) (すみれ)/ドクター・ヴァイオレット
(朱音の妹。主人公からは妹のように慕われている。正体は、ネオ・ファントムのマッドサイエンティスト。)
マリー
(主人公の父・白銀博士が製作した、シルバー・ジャスティスのサポートガイノイド*1黒下着。出血無し。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細悪の組織の女幹部・天野姉妹にて出血CG有り。破瓜中・外出し選択可。

ストーリー紹介に書いてある通り、ジェネラル・スカーレットこと朱音は、自らが打ち込んだウイルス兵器で暴走した主人公・シルバー・ジャスティスにより強姦破瓜。菫も同様。
強姦とか書くと醜く聞こえるが、コメディー作品っぽく破瓜後に再度、朱音・菫に対峙すると、主人公は土下座をして処女を奪ったことを謝るといった、笑い飛ばせるシチュになっている。

主人公宅のメイド 兼 シルバー・ジャスティスのサポートガイノイド・マリーは、どのような扱いになるのか……?
マリーはウイルス対策のデータ収集と暴走を治める為、主人公が出撃から帰還する度に手コキでヌくのだが、性的知識は搭載されている訳では無く、検索などで独自に調べて行っているとの事。
遂には、自らスカートをたくし上げて主人公に挿入を誘う。

半分挿入時。
マリー:「ふぁぁぁぁぁぁっ!?」
主人公:「えっ?マリー、大丈夫?」
マリー:「大丈夫……です。感度センサーが過剰反応しているだけです」
主人公:「それ、まずくないの?」
マリー:「問題ありません。さあ、そのまま挿入を続けて下さい」
(中略)
主人公:「それじゃ、遠慮なくいくよ。痛かったら遠慮なく言ってくれていいから」
マリー:「ご安心下さい。この程度で音を上げるようには作られていませんので」
(Text):“あれ……この程度でってことは、マリーはもしかして挿入されて痛いんじゃないのか?”

完全挿入後、“破瓜の血は出ないものの、初めての女の子としてるみたいだ。”とテキストで語られているので、出血は無いが破瓜相当の痛みと感触がある模様。

更には、数日後の主人公とマリーの日常生活の掛け合いで
マリー:「嫌がる私を押し倒し、無理矢理初めてを奪ったのは、どこのどなたでしょうか?」
主人公:「どこにもそんな記憶ないだろ! 勝手に捏造して僕を貶めようとしないでくれよ……」
と、言っており、主人公に押し倒されたというのは前述の通りで嘘だが、初めてだったという自覚があるようなので、アンドロイドだけれども処女として扱っても問題ないと思う。

*1 gynoid=人間の女性に似せて作られたアンドロイド。