タイトル戦獄の魔法少女・ユナ〜その敗北、そして醜悪なる受胎へ〜
メーカーディーゼルマイン 『ディーゼルマイン』
発売日2013年08月16日
処女上沢(かみさわ) 柚奈(ゆな)主人公。ある日突然、魔法少女に選ばれた女の子。過酷な状況でも諦めない芯の強さを持つ。)
天音川(あまねかわ) (しずく) (生徒会長を務める才色兼備の優等生。親友の柚奈を助けるため、魔法少女となることを決意する。)
四条院(しじょういん) 亜里沙(ありさ) (四条院財閥のお嬢様。優しく、おっとりとした性格だが、内には強い精神を持っている。)
上月(こうづき) (ゆかり) (柚奈達よりも前から魔法少女として戦ってきた孤高の戦士。ツンとした態度で物事をはっきり言う性格。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGありだが、流血は若干で表現は控えめ。破瓜中出し。

戦闘パートで敗北すると、その時点で処女であれば怪物や蝕手に犯されて破瓜、バットENDとなる。

ストーリーに沿った展開で進んでも、ヒロイン達は凌辱で処女喪失してしまう。

紫は逃げ惑う一般の人々を避難させるのに気を取られ、敵に不覚をとり、触手に捉えられて両穴の処女を散らされる。

以降、雫、亜里沙、柚奈の順に、人間でありながらクリムゾン*1の手下になっている悪徳企業の社長・杉岡に正体を知られ、脅迫を受け処女を奪われていく。

雫はゾムド*2を学園に放つと脅されて杉岡の言うがままとなり、学園の屋上で柚奈と携帯電話で話をさせられながら、後背位で破瓜。ちなみに、破瓜より先に蝕手でアナル処女を喪失している。

亜里沙は囚われた雫に会わせると騙され、杉岡のビルの自室に連れ込まれ押し倒される。処女喪失シーンをビデオレターで両親に送ると脅され、抵抗するも撮影されながら破瓜中出し失禁。

柚奈は杉岡に自宅に踏み込まれて、他の3人が犯されている写真を見せられる。「・・・君を守ろうとして、皆、犯されたんだぞ」「自分だけ、犯されずに逃げるつもりか?」と言われ、無抵抗で処女喪失。いずれも変身前の制服姿で、女子校生がオッさんに次々とヤられていく様は圧巻。

物語の最後に、アポ*3が柚奈達を、魔法少女になる前の体に戻し、つまりは処女の体に戻したという事になるのだが、非処女になってしまった既成事実は変わらないと思うのだが・・・。

この頃の流行りの展開を想像して、クリムゾンの正体・もしく黒幕は、時宮*4とかアポなのでは・・・と思ったのだが、勘ぐりすぎ。

*1 魔法少女達の倒すべき相手で、世界を闇に堕とし、支配を企む暗黒神。
*2 クリムゾンの一部で、人に取り憑き、体を乗っ取る不定形の怪物。
*3 光の女神に仕える魔法生物。魔法少女になる素質を持った柚奈達に変身能力を与えた。
*4 柚奈と紫が恋心を抱いている学園の先輩。