タイトル聖凌学園レイプ同好会
メーカーSoft house seal 公式サイト
発売日2006年08月09日
処女青葉(あおば) ひかり (主人公のクラスメイト。ボーイッシュで活発だが、思いこみや嫉妬が激しい。)
椎子(しいこ) (サブキャラ同級生。主人公が由紀の秘密を聞き出そうと、レイプ尋問に晒す。白下着。)
※以下、選択肢によって変化する可変型処女。
朝比奈(あさひな) 由紀(ゆき) (ひかりの親友でクラスメイト。誰にでも優しい性格。学園のアイドル的存在。)
会長(聖陵学園レイプ同好会の現会長で、圧倒的な権力を持つ正体不明のリーダー。白下着。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細ブランド10周年目*1にして、100以上*2のタイトル数を誇る、sealブランドの記念すべき第1作目。
現在のDevil-sealの流れとなる学園凌辱モノ。

タイトルの如く主人公のレイプによる強姦処女喪失。出血CG無し。破瓜中出し。

今作品を語るうえでの特徴は、トップメインヒロイン・由紀の選択肢可変型処女。
主人公の行動次第で処女・非処女ルートにそれぞれ分岐し、処女ルートでは由紀との和姦エンドもあり。
由紀の可変型処女は作品レビューサイトなどで語られている事が多いが、妖艶なレイプ同好会の会長も選択肢によるルートで変化する。

通常ルートでは、主人公の入会テスト・初任務遂行後、会長自らの身体を褒美とするシチュで、すんなりと入って、この場合は非処女。
会長エンディングに繋がるルートにて、主人公が反旗を翻し会長をレイプする選択肢があり、主人公・会長の口からは処女などの発言は無いが、他の処女ヒロイン同様に、挿入時「痛っ…」や「裂けてしまう……」と呻くので、処女と判断。

レイプを教唆しておきながら、その本人は処女で清楚な白パンティを穿いているという、自分的にクるシチュがあり嬉しかった。

*1 この項目は、今作品発売日10周年・翌日の2016年8月10日に投稿しております。
*2 無印seal他、Devil-sealなどのサブブランドを含めて(数作品まとめたパック・アウトレット・バリュー版は除く)2016年8月10日時点で144タイトル。