タイトル終末の過ごし方
メーカーアボカドパワーズ 公式サイト
処女大村 いろは (一番処女っぽい、だが処女描写が少ない主人公が心配しているだけ。)
敷島 緑 (破瓜の痛みは男にはわからない、などと書いてあり特に非処女を匂わせないので。)
稲穂 歌奈 (男の人を舐めるのは初めて、と言っているので。)
非処女大塚 留希 (七年付き合った彼氏がいたが相手の婚約により解消、多少は引きずっている。)
処女?非処女?宮森 香織 (援助交際をしているらしいが身体はなしの方向らしい、処女描写はない。)
瑞沢 千絵子 (監督の事が好きだった”らしい”貰ったゴムバンドを今でもつけている、特に処女描写なし。)
処女率50%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細上の処女達は、主人公がH中に「痛くないように」と心配しているだけで、特に処女描写はないが、非処女でもなさそうなので不確定のヒロインは処女描写がない、簡単に感じ始め結構怪しいので不明に、というよりこの作品、全員に処女性が薄すぎてどうもわかりづらい先生以外は処女だとは思うが