タイトル催眠性処理学園
〜会長共を催眠で性狂いの変態性癖にしてみた〜
メーカーMIEL 公式サイト
発売日パッケージ版:2011年10月28日
ダウンロード版:2011年09月09日
処女神崎(かんざき) 彩音(あやね) (学園執行部・執行部長。生真面目で責任感が強い。クールな雰囲気の美人。白下着。)
二階堂(にかいどう) (ゆかり) (副執行部長。お嬢様で物腰は穏やか。紅茶を嗜む。執行部一の巨乳。騎乗位破瓜。)
西条(さいじょう) 奈月(なつき) (風紀委員長。堅物で男女の不純異性交遊や風紀の乱れに厳しい。黒髪ロングヘア。)
芹沢(せりざわ) 由梨(ゆり) (執行部会計。現実主義者で公平な判断をするが、辛らつな物言いをする。)
山科(やましな) 優美香(ゆみか) (執行部書記。主人公のクラスメイト。控えめな性格。内気で大人しい。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGあり。破瓜中出し。全員主人公が奪う。

Hイベント一巡目にて、上記の書記から執行部長まで一人ずつ、主人公が催眠術をかけての破瓜。副執行部長の紫だけは催眠術をかけてから1ヶ月間、チ●ポをしゃぶらせて精飲・ザーメン中毒にしてから処女を奪うという趣向にて、一巡目は据え置き。

二巡目で破瓜が済み、催眠モードオンで男子学生の性欲処理を行うように施された執行部役員と主人公・複数の男子学生を絡めてのプレイで、この巡で紫は「こ、こんなにおいしいおち●ぽ、マ●コで味わわずに処女をとっておいたなんて・・私もったいないことを・・・」といいながら主人公相手に騎乗位破瓜。

最後は、いつものMielで 、いつもおいしいザーメンを頂いたお礼として執行部メンバー五人で、1年生から3年生までの数百人に及ぶ男子学生を相手に共用オナホ奉仕、性処理便器ボテビッチ堕ち・・・。主人公は、独占とかハーレムなど考えない気前の良さ。

自分的に、今作品や他のMiel作品で気になるのは、下着が見える描写が少ない点。下着描写を端折っているので、制服のシャツをはだけるとブラジャーとかが見えずにすぐにオッパイが出たり、スカートが捲れても、初めからパンツを穿いてないような描写に見える*1
露出度の高い改造制服でのノーパン・ノーブラ姿も、あまり嬉しく感じないのは、自分が「白下着・黒下着処女」のVirgin DBの住人だからなのかと・・・。

*1 下着が確認できるのは彩音と優美香のみ