コウミガミ~嘆き嗤う蛇神、妹なる者々が紡ぎし口碑~ 豪華版
タイトルコウミガミ 〜嘆き嗤う蛇神、妹なる者々が紡ぎし口碑〜
メーカーブラックサイク Cyc オフィシャルウェブサイト
発売日2017年01月27日
処女神蛇(かんだ) (あきら/れい)*1 (主人公の妹で、宮司の手伝いや家事を務める。島の伝承に習い、兄との結婚を望む。白褌男装ボクっ娘。)
九鬼(くおに) 零佳(れいか) (主人公と玲の叔母で、鏡佳の妹。主人公の幼い頃の想い人。庄屋の末娘。黒髪ロングヘア年上処女。)
コウミガミ (島の伝承に出てくる蛇神。巳重神社にて多産の神として奉られている。鏡佳の胎児を媒体に実体化。)
非処女神蛇(かんだ) 鏡佳(きょうか) (主人公と玲の母親で、零佳の姉。島へ嫁がされた事*2を恨み、身内に強く当たる。間男の子を妊娠中。)
処女?非処女?
処女率75%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細まともな破瓜シーンがあるのは主人公達の叔母さん・零佳のみ。出血CG有りの破瓜中出し。
男装の妹・玲は兄との契りは叶わぬと思い、自分で指や異物を挿入して自損したとの事。主人公は挿入するも膜が無いのを問う場面アリ。

蛇神コウミガミは実体化した際、新品の身体のようで、主人公が挿入した場面で膜が破けたとの表現があるが、その場面は魑魅魍魎で・・・・・・

*1 男に生まれなかったことを母・鏡佳に咎められ、男装で女であることを隠すようになって名乗る。
*2 庄屋である実家の九鬼家が、祈背島の実権を握りたいが為に、無理矢理に巳重神社の宮司・神蛇家へと嫁がせた。