タイトル機動娼艦ヴィクトワール
メーカーLiquid(リキッド) 公式サイト
発売日パッケージ版:2008年03月07日
ダウンロード版:2011年12月30日
処女リーザ・バートリー (“バートリー侯爵家”の一人娘。)
ノーラ・スチュアート (思想家“ジェイムス・スチュアート”の姪で、彼の後継者と目される少女。)
エレーヌ・グレゴール (無敗戦艦「ヴィクトワール」の艦長。)
サンディ・グレゴール*1 (艦長・エレーヌの妹で、民間人。)
クララ (1シーンだけの完全脇)
ベルタ (同上)
非処女シェリー・ハイネマン (ノーラの副官で生真面目なタイプ。)
テレサ・シュザンヌ (少佐待遇として、「ヴィクトワール」の副官を務める。)
ジゼル・ベルティエ (「紅の戦乙女」の異名を持つ一等軍曹。)
モニク・ブリアン (戦艦内の通信と整備を一手に引き受ける正規軍伍長で、三つ編みとメガネがトレードマーク。)
ロゼッタ・ミルストーン (テレビ番組「トルネード・アイ」の人気レポーター。)
クリスティーン・アトキンソン (「非武装平和」「男女平等」を訴える市民政党の代表。)
処女?非処女?
処女率50%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細ゲリラ狩3の時には非だったサンディが処女になっているが所詮は1人。
分かると思うけど独占とかまったくないので独占好きは注意。

*1 関連:凌辱ゲリラ狩り3