タイトル姦獄女 -脱出不可能の淫辱施設-
メーカーDevil-seal 公式サイト
発売日2012年11月09日
処女守実(もりさね) (りん) (監獄島暴動での看守側の少ない生き残り。まじめで強気な性格から、看守長を務めている。)
鳴海(なるみ) 結衣(ゆい) (爆発事故を起こした超大手科学企業の社長令嬢。社長自殺後、死刑囚に仕立てあげられた。)
浦壁(うらかべ) 明莉(あかり) (看守にしては珍しい元気系看守。軽い言動のおかげで、囚人からの評判はあまり良くない。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細陵辱ADVなので強姦破瓜で全員主人公が奪う。出血CGあり。破瓜中出し。

看守の凛と明莉は囚人達に囲われた状態で処女喪失及び、それ位後の展開で輪姦される場面が殆ど。

女囚人の結衣は、当初より主人公に好意を示すセリフが有り、主人公自身も扱いが特別で、牢獄内でのアイドル的存在であり手を出すと男の囚人達の反感を買う為、自室に連れ込んで他の囚人の目に触れないようにして強姦破瓜をする。
看守の2人のような輪姦は無く、一応、男囚人で囲う展開はあるが囚人Aに口を犯されるだけで主人公のみが膣穴を犯して他の男に挿入させてはいない。
結衣ルートの終盤では「鳴海ちゃんのマ●コは俺専用・・・」の発言がある。
他の男に挿入されるのは、主人公が軍隊に殺されるバッドENDで兵士相手の輪姦のみ。

凌辱シーンの殆どが全裸、凛のみニーソを履いての拘束された状態が多数で、俺のような全裸シチュ好みには嬉しいが、看守の制服姿での着エロを期待した人にはハズレになってしまうのかと・・・。