タイトル学園愛辱小夜曲 〜終わることのない絶望の宴〜
メーカー濡汁 公式サイト
発売日パッケージ版:2012年11月30日
ダウンロード版:2013年07月26日
処女喜多嶋(きたじま) 瑞貴(みずき)主人公。主人公。学生会会長。責任感が強く、一度決めたことは曲げない性格。黒髪ロングヘア。婚約者あり。)
百瀬(ももせ) 悠里(ゆうり) (瑞貴の親友で幼馴染。学生会副会長として瑞貴を補佐している。学生会のお姉さん的存在。)
秋月(あきづき) ハルカ (一学年下の後輩。学生会会計。 明るく賑やかな性格。チアリーディング部。)
秋月(あきづき) リカ (ハルカの双子の妹。学生会書記。運動神経抜群なボクっ娘。水泳部のエース。)
非処女(たちばな) 真奈美(まなみ) (母性溢れる頼れる担任教師兼、学生会顧問。既婚者。)
河崎(かわさき) 綾香(あやか) (前作「学園淫辱輪舞曲」より。美桜の弟・聖に同伴して登場。完全調教開発された雌奴隷。)
処女?非処女?
処女率67%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGあり。破瓜中出し。凌辱系抜きゲーなので強姦破瓜。
凌辱シーンは瑞貴がメインで、他の学生会メンバーのは、おまけ程度。

瑞貴の処女喪失相手はチンピラ、学園理事長婚約者、凌辱の黒幕など。
このうち不本意ながらも将来、純潔を捧げるであろう婚約者相手の破瓜が一番まともそうだが、このルートのENDは婚約者が瑞貴を他の男(理事)に抱かせるので、どのみち酷い終焉となる。
凌辱モノなのに、何を期待したのか、俺・・・。

前作同様、今作の黒幕も主人公から見て、ある立場の人物[ 弟 ]なのだが、ブランドの方針なのか?次回作も同様であることを期待。