タイトル教え子は魔法少女 〜ちなみに俺は教師で怪人〜
メーカーHEAT-SOFT HEAT-SOFT
発売日2015年07月24日
処女赤坂(あかさか) 花音(かのん)/シグナル・レッド/シャドー・レッド
(理々とコンビで悪と戦う魔法少女。困っている人を放っておけない性格。白下着。)
青野(あおの) 理々(りり)/シグナル・ブルー/シャドー・ブルー
(花音の相棒。生真面目な性格で、正義感が強く正論が好き。黒髪ロングポニテ*1。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細HEAT-SOFT、新生魔法少女シリーズ第二弾。

前作『魔法少女征服宣言』の設定を引き継いでおり、今作主人公の能力は、前作主人公のDNAを移植適応させたもので、劇中“元になった怪人は分離し、他人を操ることができたらしいが……”とのテキストで語られている。
ちなみに前作の悪の組織は壊滅しており、DNAのサンプルは、そこから入手した物との事。

又、魔法少女達の変身後の名前から察する通り、シグナル・イエローもかつて存在したという描写あり。
劇中には姿は登場しないが黄田 飛鳥という女性で、花音達がトリオで活躍していた頃の先輩で、現在は“シャイニング・イエロー”という前作の翼&玲奈コンビを継ぐ名前で活躍していた模様。
今作主人公との戦いに敗れリタイアしており、戦いに挑む後輩の花音に助言を与える役どころだが、実は、既に主人公の……という具合。

出血CGありの破瓜中出しだが、中出しされたモノは、触手から生成された擬似精液で、妊娠はしないとの事。

敵の陽動作戦で魔法少女コンビが別々になって一人になったところを怪人に変身して襲撃、花音は触手に拘束される。
触手で拘束して処女を奪わんとする主人公に
花音:「……好きな人がいるの……まだ告白してなくて……わたしが処女じゃないって知ったら……きっと嫌われる」
と、挿入をやめるよう怪人主人公に哀願する。好きな人とは、当然、主人公の事で、主人公も想いを知っているので、
怪人主人公:「それでは、こう答えよう。わたしも君が好きだ。故に、好きな人の初めては、どんな手を使っても、もらいたい」
と返し、触手で挿入、破瓜中出し。

相棒を陵辱され怒りの理々は、一人で敵の探索中、怪人主人公と遭遇。
戦闘時に不覚を取り、触手に拘束されて人間棒で挿入、破瓜中出し。

今作ではヒロイン2人に『悪堕ち』が用意されており、理々は所属する正義の組織にぞんざいに扱われたり、守ってきた人達に犯されるなどで、自分が貫いていた正義が覆されて主人公側に付く。
花音にて、物語のラストの一つで、悪堕ち理々に人質と扮した主人公を犯すよう仕向けられ騎乗位で跨る。
主人公が正体を表わし前述の陵辱破瓜が彼によるものと判ると「…わたし、せんせに、初めてをあげられたんだね……嬉しい……」と喜び、騎乗位のまま悪堕ち変身してしまうというシチュがある。

*1 変身前で、黒に近い濃い群青色。