タイトルANGEL・CORE
メーカーRUNE 公式サイト
発売日パッケージ版:2002年03月29日
処女ソコラタ (滅亡した公国の姫君。お嬢様らしいおっとりした性格)
光子 (極東の島国「ヤシマ帝国」から来た少女。角が2本ある)
非処女サラサ (おっとりとして夢見がちな少女。見た目ロリ)
オノマ (情熱的な革命主義者。拷問の際に右目を失っている)
ヴィヴリオ (研究施設の外に出たことのない少女。読書好きで無口)
エクリシア (シスター。求められたら拒まないため、施設全員の玩具となっている)
アンナ (軍人さん。檻に飼いならされた監視者)
ゾフィー (施設の研究者。白衣に身を包んでいる)
アラフニ (施設の最高責任者で少将。見た目はロリだが、かなりの高齢。Hシーンはなし)
処女?非処女?
処女率23%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細やはり、セークスされるために集められた女の子ばかりですから、ほとんど非処女。戦争やってますしね。
アラフニのシナリオに入るためには全キャラのエンディングを見なきゃならんのですが、飛ばせないエンディングを8回も見せられるハメになり、苦痛です。
しかもアラフニ所長とのHシーンはないし…。