IZUMO4 初回限定版【Amazon.co.jpオリジナル特典:イラストカード付き】
タイトルIZUMO4
メーカーStudio e・go! 公式サイト
発売日2015年12月25日
処女高遠(たかとお) 穂波(ほなみ)
(主人公の幼なじみ。黒髪ロングヘアの大和撫子。退魔組織・裏出雲の戦巫女という裏の顔を持つ。白下着*1。)
久世(くぜ) 美空(みそら)
(主人公の義妹*2。小柄だが腕力が強い。兄が巻込まれた非日常の事態を知り、自分も兄を守る為に参戦する。)
西洞院(にしのとういん) 綺花(あやか)
(学園の先輩で、主人公達が所属する郷土史研究会の部長。理論派のリアリスト。黒髪ロングヘア年上処女。)
稲佐(いなさ) 白兎(はくと)
(綺花の親友で、研究会の幽霊部員。小柄だがバストは十分。裏出雲にも顔が利く謎の先輩。白下着年上処女。)
(えにし)石長姫(イワナガヒメ)高遠(たかとお) (えにし)*3
(主人公の前に突如現れ、彼を付け狙う。魔物の群れ・ヨモツイクサを率いる不死の存在。白下着年上処女*4。)
※以下、サブキャラ・精霊・下級神霊。裏出雲が古来より使役に成功している式神
飯綱(いずな) (狗神の神霊。頭に獣耳が付いた元気な女の子。戦闘も遊び感覚。)
夜刀(やと) (蛇神の神霊。古典的な物言いの精霊。雰囲気が最も精霊っぽい。)
五馬姫(いつまひめ) (土蜘蛛の神霊。関西弁で話す、ふわっとした感じのお姉さん。)
憂流迦(うるか) (烏天狗の神霊。見た目は幼いが、大人びた言動をする精霊。)
※以下、サブキャラ・精霊・祓戸大神(はらえどのおおかみ)。裏出雲の守護神で、魔を祓う四柱で一組の神
瀬織津比売(せおりつひめ) (四柱のリーダ・長女的な位置づけ。にこやかだが腹黒。)
速開都比売(はやあきつひめ) (次女的な位置づけ。性格はサバサバしていて荒っぽい。)
気吹戸主(いぶきどぬし)*5 (三女的存在。堅物な武士ボクっ娘。性的なことに疎い。)
速佐須良比売(はやさすらひめ) (四柱の末っ子的な存在。無口でツルぺタなロリッ娘。)
非処女
処女?非処女?こすず (2週目以降の追加イベントで登場する隠しキャラ。穂波の姿に化けて、精神世界で主人公とH。 )
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細全ヒロインにおいて出血CGあり。破瓜中出し……だが、ここで問題は下級神霊と祓戸大神の式神陣。
主人公が退魔組織・裏出雲から式神について教授された際、使役するには、戦いに勝利し、契約としてまぐわう…即ちHすることで仲間に出来る事を教えられる。
よく考えると、伝承として使役に成功しているのであれば、遙か昔に裏出雲の誰かとヤっていることになるので、その事に俺は愕然となる(特に瀬織津比売なんかが…)。
但し、式神は変幻自在で、既存の身体を破棄・滅失させ、新品の身体と処女膜を備えて実体化できる為、再生処女膜とは異なる模様。

契約を交わす際は、処女の身体で行うのが式神達の慣わしのようなのだが、過去の記憶はそのまま持っているので…
飯綱:「うーん……飯綱も久々だし、ここは初心に帰って、ゆっくりエッチしようか?」
夜刀:「ふふふ……人の子とまぐわうのは、いったいどれほどぶりだろうか?」
五馬姫:「私をねじ伏せた人の子と契りを交わすなど何年ぶりじゃろか?」
速開都比売:「(主人公に素股を施して)アタシね…こうやって男を良くさせるのに、ちょっとした自信あるんだぜ?」
と、Hの遍歴を隠さない。

更には今までHを行わず書面で使役の契約をしていた憂流迦や、本来は男神で挿入が初めての気吹戸主など、生粋の処女もいるので判別に惑う。

貫通済みでも良いような設定を、処女喪失にした演出の功績により式神陣を“処女”に分類した……けれど、人によっては許せないかもね。

*1 穂波本人では確認できないが、こすずが穂波の姿をコピーした際に身に着けていた下着の色より。
その他、ttp://img.toranoana.jp/popup_img18/20/0011/61/22/200011612275-1p.jpg

*2 主人公の父方の叔父の娘だったが両親が事故で亡くなり、主人公の家が養女として引き取った。
*3 裏出雲に身柄を捕捉された後、白兎の提案で学園編入の際に付けられた姓名。二年生。穂波の親戚という事になっている。
*4 石長姫として千年、縁と名乗ってから千年の時を経て、現在の主人公と巡りあったとの事。
*5 本来は男性格の神だが、本作では女性キャラ。姉神達の言い付けで女性の姿をしている。