淫姉隷属 ~影に潜んだ愛欲と支配~
タイトル淫姉隷属 〜影に潜んだ愛欲と支配〜
メーカーアパタイト 公式サイト
発売日2016年04月28日
処女
非処女三沢(みさわ) 弥生(やよい) (主人公。母性的で、誰にでも優しい女の子。両親は海外で勤務している為、弟と二人暮らし。)
処女?非処女?
処女率0%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細主人公・弥生は、姿を見せない正体不明のストーカーからブログで交際を迫られるが、弟に恋人役を頼み「恋人がいます」と偽る。
ストーカーは弥生の行動を始終監視しているらしく、
「本当に恋人がいるならデートしてみてよ」
「その男が本物の恋人なら、キスくらいできるよね?」
とコメントされて、やむなく弥生は弟とデートを敢行し、ためらうもキスをしてしまう。
それ以来、コメントは無く、諦めたと思い安堵したのも束の間、弟がストーカーから暴行を受け、腕に怪我を負い帰宅してくる。

驚愕した弥生は、すぐさまブログを探ると、承認未了のコメント一覧の中にストーカーから過激な要求が書かれていた。
「やっぱり恋人じゃなかったね」
「キスくらいで騙されるボクじゃないよ?」
「もっと恋人らしいことあるよね?」
弥生は、このままでは弟にも危害が及ぶと悟り、姉弟関係の一線を超える覚悟を決めるのであった──(序盤ストーリーの要約)

と……こういうストーリーの犯人は大抵、相場が決まっているよね──と思いながら。

弥生のキャラ造形は、やや野暮ったいのだが、サンプルCGや裸立ち絵などで覗える均整のとれた身体が気に入ったので購入。
凌辱モノだけど、なによりキャラ紹介にある『性的には、まだ未開発』と、キャラの見かけで処女は確実だろうと疑いもしない。

ゲームを進めて、弟と『性交する』or『性交しない』の選択肢でセーブ。
『性交する』を選んで、いよいよ弥生の学園屋上での近親相姦処女喪失っ──────
──────と思いきや、次のテキストで、今度は俺が驚愕するッ!

弥生(Text):一度は男性を経験したことのある私ですが、すぐに別れてしまいました。

いま、なんつった!?

弥生(Text):その時以来の『男性』は、あまりにもたくましく、初めて知ったそれとは、比較にならない雄々しさです。

認めたくなかったのでロードして選択肢に戻り『性交しない』を選ぶ。

きっと、選択肢で変化する可変形だ! そうだっ!! そうに違いないっっっ!!!

弥生(Text):たった一度の男性経験しかない私にとって、男根を模したその器具(バイブ)は大きすぎる代物です。

『性的には、まだ未開発』は“未貫通”ではなく、あまり慣れてないというコトなんだね。
_ト ̄|●il||li