タイトル甘恋天使 すい〜とすい〜とえんじぇる
メーカーDisAbel DisAbel
発売日2005年05月27日
処女フェリス(フェリスティア=ミハエル) (天使。でも天使だから膜無いよ。)
天崎(あまさき) 美晴(みはる) (幼馴染。流行の刃物っ娘。)
非処女セシル(セシリア=ウルヴァータ) (天使。フェリスの友人。クスッもしかして初めて?とか笑われる。はっ中古が!)
イリス(イリスティア=ウルヴァータ) (天使。セシルの妹。10歳設定でHありかよ!でも非っぽいな。)
リリス(クリスティア=ミハエル) (自ら悪魔(リリス)を名乗る妖女。確実に非。ぎゃー中古ださいなら。)
本条(ほんじょう) 遼子(りょうこ) (保健医。義姉。未亡人。H無し。おいおい。)
処女?非処女?
処女率33%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細いりすとりりすの相手は主人公じゃない。
セシルはレズ系ツンデレで安牌だと思ったら
クリックするたびに検討スレの良作AAを一度に左から右へずらした気分
全体的に薄い・・・


以下の書きこみあり
まだフェリスしかクリアーしてないけど

フェリス自身はこういうことするのは初めてだと自己申告はしてる
が、実際に挿入してみると、主人公が言うには膜を破ったような感触はまったくなく、むしろスムーズに挿入される
しかも入れた途端、フェリスが呻くから痛いのか?聞いたら、その逆で気持ちいいからとっとと動かせやタコと催促される始末
主人公曰く、初めてだけどほとんど抵抗も無いし、天使だから人間とは違うんだろうと勝手に脳内で納得してやがる始末


ライターさん勘弁してくださいよorz
リリスはそもそもまともなエロシーンが無いし



中途半端な筈。情報求む