タイトルアンバークォーツ -Amber Quartz-
メーカーコットンソフト 公式サイト
発売日パッケージ版:2009年01月23日
ダウンロード版:2014年05月16日
処女持月(もちづき) なゆた (主人公と同じ学校に通う後輩。明るく無邪気な子犬系の女の子。)
水那倉(みなくら) (とも) (主人公のクラスメートで幼なじみ。白下着。)
姫路(ひめじ) サリナ (幼なじみ。一つ年下で、主人公とは別の女子校に通っている。)
時國(ときくに) 弥夜子(みやこ) (幼なじみで、主人公の家の近所にある神社の巫女さん。白下着年上処女。)
天龍寺(てんりゅうじ) 珠乃(たまの) (主人公と同じ学園に通う後輩の女の子で、なゆたの親友的存在。)
非処女
処女?非処女?
処女率100%
その他
情報提供者名無したちの午後
詳細出血CGがあるのは、なゆた・智・珠乃のみ。
シナリオライターが6人もいる為か破瓜描写はヒロインによってまちまち。
特にサリナは本人が処女だと言っているが、ほとんど痛がらず出血もせず、男女関係がオープンなオーストラリアに住んでいたから非処女だと主人公が勝手に思っていた。
主人公のアホな偏見はともかく、Hしておいて破瓜したのかもわかってないバカ主人公だけど、サリナが嘘ついてるとも思えないので処女なのは間違いないと思うが・・・

サブキャラのHは無し。
学園物と思わせてとんでもバトル展開や、日常シーンやHシーンでもやけに擬音を文章に入れてテキストのセンスがおかしいのもあって、ナツメグやナギサのと比べると処女的にも破瓜テキスト的にも微妙でした。